google-site-verification: google98352d54273b77e2.html

A WEBSITE OF THE VISCOUNTS

                             

ご挨拶                         

   北大軽音楽部創立50周年メモリアルライブを開催するに当たり、ご挨拶を申し上げます。
 
 私たちは、1960年代から70年代にかけての10年間ほど、北海道大学に在籍しました。この間、大学公認団体である「北大軽音楽部」傘下の「ザ・バイカウンツ」という名のロックバンドに所属し、数世代にわたって同じ釜の飯を食った間柄です。学年こそ違え、ロックという音楽ジャンルの中で、自らの演奏技術と表現力の向上に命を懸け、互いに切磋琢磨し合った、かけがえのない仲間でした。
 多情多感な学生時代を、バンドという緊密な枠組みの中で共に過ごした後、私たちは社会に出て仕事を得、それぞれの道を歩み始めましたが、この時代に培った音楽へ情熱は、その後も決して薄らぐことはありませんでした。
 
 それからあっという間に歳月が流れ、往時の若者たちも今や齢60有余を重ねるに至りました。制約の多かった現役時代を卒業し、昔の自分に還る自由を得た者もいれば、依然として社会の第一線で奮闘する者も少なくありません。その一方で、惜しまれながら早逝した仲間もおります。
 この間、ぽつぽつとではありますが、札幌近郊に住む一部の者たちが集まり、再び演奏活動を始めました。次第に参加人数も増え、かつて学年単位だった「バイカウンツ」が、学年の垣根を超えてより大きな「共同体」へと発展して行きました。

 そして、私たちの「揺りかご」=北大軽音楽部が創立50年を迎えたことを契機として、「また皆で演奏会をやろう」という声が高まったものです。
 
 あの当時、音楽は「聞く対象」から「演奏する対象」へと大きく変貌しつつありました。50年代のロカビリーからロックに進化する過程で、エレキギターを中心とした小規模編成の演奏形態が出現し、誰でも手軽に演奏活動が出来るようになったのです。思い返せば、厳しい受験勉強からの開放感が、身近に出現したロックミュージックに、私たちを強く誘ったのでしょう。
 バンドの演奏曲目は、当初、今でいうオールディーズから始まり、ベンチャーズなどのインスツルメンタル、更にはビートルズなどいわゆるブリティッシュビートを経て、ロックの母体となったR & B(リズムアンドブルース)に回帰する流れを辿りました。
 
 一方、私たちの「音楽活動」は決して順風満帆なものではありませんでした。今では考えられませんが、当時ロックを聞いたり演奏したりすることは、「不良」と同義でした。
 しかし、家族から「大学に入ってまでそんな恥ずかしいことをするなんて」と反対され、学友からは「騒音楽部」と揶揄されながらも、自ら演奏し唄って表現することで得られる充実感と高揚感は、何ものにも代えがたいことでした。

 改めて当時を振り返り、学業の外にもう一つ、ロックミュージックという自分を燃焼し尽せる対象を持てたことに大いに満足し、また誇りに思うものです。
  

 さて、私たちバイカウンツは、第1回リサイタルを開いた懐かしいクラーク会館に、50年ぶりに回帰することにしました。
 今回の演奏会は、学生時代のほとばしるエネルギーのすべてを、音楽活動に注ぎ込んだ私たちにとって、まさしく記念碑的な意味合いを持ちます。
 またこの場所は、同時代を生きた皆様方と再会し、共に懐かしい時間を過ごす、心躍る空間です。
 更には、世間の基準から「少し」はみ出た私たちを暖かく受け入れ、支えてくれた家族・親族に対して、改めて感謝の気持ちを伝え、あの当時の私たちの心意気と行動を追認してもらう、象徴的な機会でもあります。
 
 今回の演奏会では、皆様方に懐かしい曲目の数々をお楽しみいただけるよう、メンバー全員日々練習を重ねているところです。
 どうか当日は、お知合いの方々お誘いあわせの上、ご参加・ご声援いただきたく、ここに謹んでご案内申し上げます。
 
北大軽音楽部創立50周年 メモリアルライブ実行委員会
                             委員長   椎谷 泰世